iPhoneを格安SIMで使おう!|料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

突然ですが「70%」という数字が、何の割合を示しているかわかる方はいらっしゃいますでしょうか。何を隠そうこちらの数字、日本国内でのiOSのシェア率を示しています。2台持ちをしているユーザーを加味しても、日本人の10人中5人前後がiPhone、もしくはiPadを使用しているといっても過言ではありません。

また2017年は、春先からiPhoneのREDモデルや、廉価版のiPadが発売されたり、iPhone8のリリースが控えていたりと、iOS界隈は話題に事欠きません。おそらく今年が終わる頃には、さらにそのシェアを伸ばしているのではないかと予想されます。

というわけで、今回の記事では魅力的なiPhoneシリーズをさらに便利にしてくれる、「iPhoneで使いたい格安SIM」をご紹介いたします。現在は多様な格安SIMの事業者が乱立し、どう運用すれば安く、便利に使用できるのか日々頭をひねっていた時代は遠い過去のこととなり、SIMフリーのiPhoneの利用は、格段に簡単になりました。

また2017年に入り、とうとう「本物のSoftbank系格安SIM」が誕生しました。これは中古で販売されているSIMロックを外せない、過去のSoftbank版iPhoneも、気軽に使用することができるようになったということです。これで全ての3大キャリア系列の格安SIMが揃うことになり、キャリアのSIMロック中のiPhoneを使用する全てのユーザーが、気軽に格安SIMに乗り換えることができる環境が揃いました。

今回の記事では、docomo系、au系、Softbank系の、それぞれおすすめのを格安SIMをまとめて紹介していきます。これを機に格安SIMへの乗り換えを、本格的に検討してみてはいかがでしょうか。

1.iPhoneで格安SIMを使うための注意点

721D3E8E-56C6-449C-AF03-99FD0CA2E547

現在日本で販売されているiPhoneとiPadには、2つの種類が存在します。まず1つ目はメーカーであるAppleから直接購入することができる、SIMフリーのiPhoneです。こちらはどんなMVNOの格安SIMでも利用できますので、特に注意するような事項はありません。

問題は3大キャリア経由で購入した、SIMロック付きiPhoneです。SIMロック解除済みのiPhoneであれば、Appleから購入したものと同じように、どのMVNOの格安SIMでも使用することが可能です。しかしキャリアのSIMロックが解除されていないiPhoneは、契約中のキャリアがMNOとなっている格安SIMしか使用できません。つまりdocomoのiPhoneはdocomo回線を使用したMVNO、auならau回線を使用したMVNO、SoftbankならSoftbank回線を使用したMVNOしか選択できないのです。

また中古スマートフォン市場に出回っているiPhoneは、SIMロックがかかっているものがほとんどです。そうなるとMVNO事業社の数が多いdocomoのiPhoneに人気が集中し、価格が高騰してしまいます。最近はauのiPhoneであれば、契約者でなくてもSIMロックを解除することが可能になり、docomo版iPhoneよりも安いため人気をニ分している状態です。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない