HUAWEI P8 lite|スペック・料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

しかし、ASUS Zenfone 2 Laserは同じ5インチスマホでも重さは145gあるので、HUAWEI P8 liteと比べると少し重くなっています。

 

また、HUAWEI P8 liteは端末のデザインも洗練されていて、高級感があるのも特徴です。

カラーは、ブラック・ホワイト・ゴールドの3色展開です。

すべて価格の割に高級感のあるデザインが特徴で、中でもゴールドはマットなゴールドでさらに高級感があります。

 

日本では使用している方が多い、iphoneに似ている点がいくつかあります。

まず薄さはiphone5sやSEなどと同じくらいの薄さで、カラーもiphoneシリーズのゴールドに近いカラーです。

3-2. 2枚のSIMの利用が可能なデュアルSIM端末

HUAWEI P8 liteは、デュアルSIM端末といってSIMカードを2枚入れて使用できるスマホ端末です。

デュアル端末というのは今まで大手キャリアでスマホを使用していた方だとほとんど知らないかもsれいませんね。

 

SIMカードが2枚差し込んで使用でき、設定からどちらを使用するか切り替えられるようになっています。

デュアルSIM端末であることで通信は大容量通信プランの安い通信専用SIMや、通話時は通話料金の安いSIMなどの使いわけることが可能です。

 

2台持ちの人は1台にまとめることができるのでかなり便利になります。

ただ、片方しかLTE回線が使用できず、片方は3G回線になるといったような注意点もあるので気を付けましょう。

 

3-3. モーションコントロール機能など便利な機能が多い

HUAWEI P8 liteは価格が安いので、基本的操作しかないようなイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、HUAWEI P8 liteには基本的な操作だけではなく、便利な機能がいくつか搭載されています。

どんな機能があるか見ていきましょう。

  • 画面に文字を描きアプリを短縮起動

画面が真っ暗な起動していない状態で、画面をダブルタップすると起動することができます。

また、画面に文字を書くことで、カメラや起動を短縮でできるようになります。

 

C=カメラ

M=音楽

e=プラウザ

W=天気

 

といったようにアルファベット一文字を画面に描くだけで起動が可能です。

 

今までは画面を起動し、開きたいカメラなどのアプリを起動しないといけませんでした。

このモーションコントロール機能を使用すれば、文字を書くという簡単な操作で起動することができるので、ストレスフリーな操作を行えます。

 

これらのモーションコントロールはタッチ操作をオンにしていればできますが、誤操作などを防ぐのに使用したくないという方はオフにしておくことで使用できないようにできます。

 

  • “伏せる”機能でミュート可能

設定画面をいじっていて、モーションコントロールという項目を開くと発見するのが『伏せる』という機能。

普段使用しているスマホではあまり見かけない機能なので、何かわからないですよね。

 

このモーションコントロール内にある伏せるという機能は、画面を伏せることで着信音とアラームをミュートにできるという機能です。

 

ミュート設定をいちいち操作したり、ボタンを押してたりする手間を考えれば便利な機能です。

この機能も不要ということであればオフにすることが可能です!

 

紹介したもの以外にもHUAWEI P8 liteには便利な機能がいくつかあります。

例えば、外出先で太陽光のしたでも画面を見やすくする機能なども備え付けられていて便利。

 

価格の高い端末に便利な機能がついていても今ではもう当たり前。

ただHUAWEI P8 liteは端末価格が安くCPUなどのスペック部分が優れているだけではなく、便利な機能が搭載されていることからコスパのいいスマホといえます。

3-4.HUAWEI P8 liteのスペックまとめ

「HUAWEI P8 lite」の画像検索結果

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p8lite-jp.htm

 

HUAWEI P8 liteの便利機能やデザイン性についてここまで紹介してきました。

やはり最後に気になるのが詳しいスペック部分でしょう。

HUAWEI P8 liteの公式ホームページなどからHUAWEI P8 liteのスペックをまとめてみました。

 

 サイズ 高さ143mm×幅71mm×厚さ7.7mm
 重さ  131g
 カラー  ホワイト・ブラック・ゴールド
 対応OS   Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1
 CPU   Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
 メモリ   RAM:2GB / ROM:16GB
バッテリ 2,200mAh
ディスプレイ 約5,0インチ
カメラ メインカメラ:1300万画素

インカメラ:500万画素

通信速度 (受信時/送信時) 下り(受信時)最大150Mbps(LTE)

上り(送信時)最大50Mbps(LTE) ※2

HUAWEI公式ホームページより

 

以上が公式ホームページでも紹介されているスペックのまとめです。

 

スペック部分で注目してみるのは、CPU部分やカメラの部分の方が多いでしょう。

カメラに関しては、1300万画素カメラとなっています。

 

従来大手キャリアでセットで購入するような高級スマホであれば、当たり前または劣る画素数かもしれません。

ただ、この端末は発売当時でも3万円以内で購入できる安価なスマホです。

安価なスマホという点からみるとかなり十分なカメラの画素数ですね。

 

また、オクタコアCPUを搭載していることでアプリを複数起動していても画面がカクカクと停止しづらくなっているのもコスパがいいとされる理由の1つ。

 

安価なスマホを購入して「失敗した」と感じた人の大半が、動作が遅いことをあげるはず。

HUAWEI P8 liteは、複数アプリを起動していても動作が遅くなり辛くなっていて、口コミでも「動きがスムーズ」「アプリが止まり辛い」といった高評価な口コミを良く見かけた。

 

スペック部分においては、値段以上とかなり評価できる内容になっている。

4. HUAWEI P8 liteの購入価格は?セットで購入できる?

 

HUAWEI P8 liteのスペックなどを詳しく紹介してきました。

つぎにやはり気になるのが価格ですよね。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない