au Galaxy S8 SCV36の辛口レビュー|価格と機種変更を最安にする3ステップ

 
おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • ・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • ・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • ・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

機種変更したいと考えるものの、スマホが高すぎることでなかなか機種変更できない人もいるのではないでしょうか?

今のスマホって、本当に高いですよね。
とくに大手メーカーから販売されているスマホは、本当に高価で手が出しにくいです。

auから発売される予定のGalaxy S8 SCV36だって、例外ではありません。

しかし、高価な買い物だとわかっているものの、魅力溢れる話題のスマホって何としても手にいれたいと考えてしまうものです。

とくにGalaxyシリーズのユーザーの皆さんは、きっと新しく発売された同シリーズのスマホをいち早く手に入れたいと考えるはず!

今回は、そんなあなたにおすすめの、Galaxy S8 SCV36の価格と機種変更を最安にする3ステップについてご紹介していきますよ。

ここでご紹介している情報を役立てて、お得にGalaxy S8 SCV36をゲットしましょう。

Galaxy S8 SCV36(au)とは?

ビジネスマンたち3

Galaxy S8 SCV36は、auから近日発売される予定の最新スマホです。
Galaxyファンはもちろんのこと、これからスマホの機種変更を検討されている方には、見逃せない存在の1台です。

発売前ということで、まだまだ詳細は不透明なところもありますが、現在発表されている情報の範囲内で、このスマホの魅力を一緒に見ていきましょう。

大人気Galaxyの最新スマホ

テクノロジーイメージ【ブルー】

大人気Galaxyの最新スマホである、Galaxy S8 SCV36!
auから2017年6月8日に発売される予定ですよ。

Galaxy S8 SCV36が発売される日と同日に、Galaxy S8+ SCV35も発売を開始する予定のようです。

迫力ある大画面モデルを求めるのであれば、Galaxy S8+ SCV35!
そこそこ大画面であり、ポケットにぎりぎり収納できるであろう最新モデルを求めるのであれば、Galaxy S8 SCV36を購入されることがおすすめです。

ちなみに今回のGalaxy S8 SCV36がどれほど魅力的なのかについては、1つ前に発売された準新作のスマホと比較するとよくわかって頂けることでしょう。

そこで下記に、2つの機種を比較できる比較表を用意しました。

 Galaxy S8 SCV36  Galaxy S7 edge SCV33
 発売日  2017年6月8日
※2017年夏モデル
 2016年5月19日
※2016年夏モデル
 ディスプレイパネル  メイン:約5.8インチ液晶
※Super AMOLED
解像度:2,960×1,440(QHD+)
 メイン:約5.5インチ液晶
※Super AMOLED
解像度:2,560×1,440(Quad HD)
 内蔵メモリ(RAM)  4GB  4GB
 内蔵メモリ(ROM)  64GB  32GB
 カメラ  約1,220万画素  約1,220万画素
 サブカメラ  約800万画素  約500万画素
 防水/防塵  防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)  防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
 その他  VoLTE、Bluetooth  VoLTE、Bluetooth
 サイズ
(幅×高さ×厚み)
 約(68×149×8.0)mm  約(73×151×7.7)mm
 重さ  約150g  約158g
 カラー  オーキッドグレー
コーラルブルー
ミッドナイトブラック
 ブラックオニキス
ホワイトパール
ピンクゴールド
ブルーコーラル
※ブルーコーラル:2016年12月8日発売の新色
 本体価格  90,720円
※月額割引適用後:実質49,680円
※2017年6月現在のau online shopの価格です。
 59,400円
※月額割引適用後:実質37,800円
※2017年6月現在のau online shopの価格です。

この表にてご紹介していますスペックは、左が最新機種、右が昨年発売された機種のものになります。

Galaxyは、1年に1回、夏モデルとして発売されている機種です。

来月発売される機種も、2017年夏モデルとして発売される予定なのだそうです。

二つの機種の大きく異なるポイントと言えば
・内蔵メモリ(ROM)の容量
・サブカメラの画素数
・カラーバリエーション
・価格
上記の4つであると言えます。

内蔵メモリ(ROM)が、Galaxy S7 edge SCV33では32GBでしたが、今回発売される予定のGalaxy S8 SCV36では64GBなわけですから、Galaxy S7の時に32GBぎりぎりまで使用していた人がデータ移行する場合でも、問題なく行えるようになっています。

サブカメラも500万画素から800万画素まで進化を遂げたことにより、より美しい自撮り画像を残せるようになりました。

カラーバリエーションについては、現在は3色展開になっていますが、過去の傾向から考えますと、新色が冬に追加される可能性は大だと言えるでしょう。

最後に価格についてですが、2017年6月現在の価格をご紹介していますので、大差が開いて当然のことだと言えます。

なんとしても安価な機種を購入したいと考えるのであれば、あえてGalaxy S7 edge SCV33を購入されても良いかもしれませんね。

サムスンから発売されている

虫眼鏡と黒板 文字入りcheck

Galaxy S8 SCV36は、サムスンで製造・発売されているスマホです。
サムスンと言えば、大変安価な家電を販売しているとのことで、注目を集めていた会社です。

この会社は国外の会社ですので、まだまだこの会社について知らないなんて人もいるかもしれません。

実はサムスンは、資産に恵まれている会社であり、アジアではトップ3に入るほど大変財源豊かな会社なのだそうです。

ちなみにこの会社は歴史ある会社であり、サムスンの基となる会社は、1938年に既に食品や衣類における事業を展開していたようです。

ちなみにサムスンのスマホには、この会社のロゴが入っていることが印象的でした。

しかし、Galaxy S6からは、それまでのスマホに入っていたサムスンのロゴを入れないようにしたようで、ここにはどのような狙いがあるのかという論議がネット上でも繰り広げられていたようです。

auのキャリア端末である

飛躍するビジネスマン

Galaxy S8 SCV36(au)は、auで販売されているキャリア端末です。
この端末をau以外で契約・使用しようとしても、SIMロックがかけられてしまっているので不可能です。

※SIMロック:他通信会社でスマホを契約・使用できないようにすることができる、キャリアがかけるロックのことを示します。

最近は格安SIMと呼ばれる、キャリアで契約するよりもお得に契約できるようになるSIMカードが販売されていて、大変お得に国内三大キャリア外でスマホを維持できるようになりました。

※SIMカード:専用のポケットに通信会社で契約をしている、このカードを挿入することにより、スマホがモバイル電波を受信できるようになります。

※格安SIM:国内三大キャリア以外の通信会社が提供している、通信費の節約に役立つSIMカードのことで、キャリア外で契約する時には、これなしにモバイル電波を受信することはできません。

しかし、格安SIMを使用するには、SIMフリー端末であるか、SIMロックを解除した端末であることが必須になります。

もし、auで販売されているGalaxy S8 SCV36を使用して格安SIMに乗り換えるような場合には、必ずauショップにてSIMロックを解除してもらわなければいけないのです。

ただし、SIMロック解除には手数料がかかるほか、auのキャリア端末のSIMロックを解除したからといっても、SIMカードを入れるポケットのサイズに合う格安SIMが少ないので、一部の通信会社でしかこのスマホを使用して契約することはできません。

※格安SIMを取り扱う通信会社は国内に30社程度ありますが、格安SIMのほとんどは、ドコモの電波を受信できるドコモ系格安SIMのようです。

※auのキャリア端末で使用できるau系格安SIMを取り扱う会社は、約30社ある通信会社のうち、2社程度しかありません。

おすすめポイント

黒板に書いた豆電球の絵

Galaxy S8 SCV36のおすすめポイントは、
・Galaxyシリーズの最新機種であること
・フレームを極限までカットして画面の大きさを重視した構造であること
・デュアルピクセル技術を搭載カしたカメラを採用していること
・虹彩認証でスムーズにロックを解除できること
・カメラを向けるだけで対象物のあらゆる情報を入手できること
上記の5つです。

2017年6月8日に、夏モデルとして発売される予定のGalaxy S8 SCV36は、Galaxyシリーズの最新モデルです。

Galaxyシリーズは年に1回の発売というだけあって、大変注目されている機種の一つです。

Galaxy S8 SCV36はコンパクトなボディも魅力の機種で、横幅は約68mmになっていて、
S7 edgeよりも約5mmもスマートな機種として誕生しています。

S7 edgeよりもスマートな機種でありながら、なんと画面サイズはS7 edgeよりも約0.3インチも大きくなっていて、コンパクトかつ大画面な機種に仕上がっているようです。

余分なフレーム部分を極限までカットし作られたことで、Galaxy S8 SCV36では、スマホ下部のボタンもカットされたようです。

暗い場所でも明るく撮影できる、デュアルピクセル技術を搭載したカメラを採用したGalaxy S8 SCV36は、高速オートフォーカスにより設定いらずで、夜景も明るく撮影することができます。

ピント合わせなども自動で行ってくれるので、スマホの操作や設定に不慣れな人でも、簡単に使いこなせるカメラが搭載されているのです。

ちなみに今回のGalaxy S8 SCV36では、指をかざす必要すらない虹彩認証を搭載していることにより、画面を見るだけでロックを解除することができます。

指紋認証と併用して使用することもできるので、より高度な技術と高いセキュリティーレベルのもと、スマホを使用することができるんですよ。

その他、「あれっ?これなんだったっけ・・・?」「これって、どうやって使うの?」こんな時に役立つユニークな検索機能も搭載されています。

この機能は、カメラを向けるだけでカンタンに対象物の情報を検索できるというものです。

※検索できるものは、Bixby Visionに対応している物や場所に限られています。

更にこの機能では、ちょっとした英単語の翻訳なども行なってくれるので、毎日の生活をサポートしてくれる機能といっても過言ではありません。

より豊かな暮らしを提供してくれる、そんな機能も搭載された魅力溢れる機種!
それが、Galaxy S8 SCV36なのですよ。

シェアする

   (続きます)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら

→ドコモはこちら

→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう


1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★★

特徴
  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり
デメリット
  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更評おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  • 頭金なしで余分な費用がかからない
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

au online shop

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない