Galaxy S7 edgeの機種変更を最安にする3ステップ


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

最高スペックAndroid端末「Galaxys」シリーズの最新作「Galaxy S7 edge」が発売中です。
機種変更、MNP、新規契約など「Galaxy S7 edge」を購入する方法は様々です。
この記事では現在使っている端末からGalaxy S7 edgeへ機種変更する際に、単純にドコモショップやauショップで機種変更するよりも断然お得に、機種出来る方法をご紹介します。
Galaxy S7 edgeに普通に機種変更するよりも、最大で3万円以上も安く効率的に機種変更するためには以下の3ステップをチェック!
近年、総務省の指導により、乗り換え(MNP)でなかなかお得に買えなくなってきましたが、その分機種変更には様々な新プランが適用されるようになりました。
是非、ご一読ください。
ソフトバンクからはGalaxy S7 edgeは発売されないので、どうしても欲しい方は乗り換え(MNP)を利用しましょう。

ステップ1:Galaxy S7 edgeに機種変更すべきか決定しよう

galaxys7edge

まずは、実際にGalaxy S7 edgeを触って感じた点を2つにまとめました。このメリット・デメリットを乗り越えればGalaxy S7 edgeは最良の機種選択になります。

注:
Galaxy S7 edgeの特徴に関して、さらに詳しく知りたい方は「Galaxy S7 edgeの辛口レビュー」をご覧ください。

1.ハードウエアの進化

galaxy-s7_hardware_breathtaking-list_cpu

1-1. CPU、GPU、RAMがパワーアップ

「Galaxy S7 edge」の一番メリットは、なんといってもその驚異的なスペックにあります。
従来のGalaxy S6 edgeから大幅な進化を遂げています。

CPUは従来のGalaxy S6 edgeから30%高速化しました。
GPUは従来のGalaxy S6 edgeから64%高速化しました。
RAMは従来のGalaxy S6 edgeの3GBから4GBに増量しました。

特にRAMが4Gになったのはうれしい点で、たくさんのアプリを起動したときの快適さが向上しています。

1-2. バッテリーが増量

galaxy-s7_overview_hardware_l

バッテリーは従来のGalaxy S6 edgeから1.4倍、1000mAh増量の3,600mAh大容量になりました。
これはスマホ史上最大容量のバッテリーになります。
注目すべき点は従来のGalaxy S6 edgeと体積自体は同等というところです。
これは高密度バッテリーの技術によるもの。
また、バッテリーの裏にヒートパイプシンクとグラファイトシートを配置することで熱処理を施しています。
これにより、発熱を気にすることなく動画や音楽、ゲームなども長時間、存分に楽しめます。

1-3. メモリーカードスロット・防水防塵が復活

galaxy-s7_hardware_greatmemory_version2

Galaxy S6 edgeで廃止され不評だった点が、Galaxy S7 edgeでは復活しています。
最大200GBのmicroSDXCメモリーカードに対応。容量を気にせず動画や音楽などのデータを保存できます。
防水・防塵(IPX5/IPX8、IP6X)も復活しました。

1-4. でかいのに持ちやすくコンパクト!?

img_point02-03

Galaxy S7 edgeのディスプレイサイズは約5.5インチ。
5.5インチというスマホの中では大画面という位置づけありながら幅は約72.6mmと、従来機よりもコンパクトなボディを実現しました。
Galaxy S5の画面サイズは約5.1インチですが、幅約73.1mm。
画面のサイズは大きくなりGalaxy S5よりもサイズ感は小さくなっています。
また、ライバル機であるiPhone6s Piusの横幅が77.9mmですから、5mm近くも小さいということになります。
この5mmはモバイル端末として大きな差となり、Galaxy S7 edgeの携帯性がいかに優れているかが分かりますね。
狭額縁デザインにより、手にフィットするサイズ感を実現し、流れるような曲線と薄い形状によって、手放すことができないほどに心地よいホールド感を生み出しています。
ディスプレイにはクアッドHD(1,440×2,560)のSuper AMOLEDディスプレイ(有機EL)採用。
実際の画面を見ればわかるのですが驚くほど美しい画像を楽しめます。
焼き付きや発色の強さが指摘される有機ELですが、ここまで進化したか、という印象です。
カラバリは3種類でドコモ、auともにブラック オニキス/ホワイト パール/ピンク ゴールド3色になります。

 

1-5. 本体代金の料金が高いが大丈夫か?

本体価格は、携帯各社の割引サービス(月々割など)なしでは、
9万円超えと高額です。具体的には、各携帯会社によって下記の代金がかかります。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 93,960円 98,280円 取り扱いなし
機種変更
(月々割適用後)
64,800円
(2,700円×24回)
48,600円
(2,025円×24回)
取り扱いなし

機種変更だと、どこの携帯会社も月々料金は高いと感じると思います。auが本体価格は高く月々が安いといったところでしょうか。

※auスマートパス未加入の場合は56,376円(2,349円×24回)になります。

知って得するワンポイント

機種変更ではなく、今使っている携帯会社以外に乗り換え(MNP)を検討するのも選択肢としておすすめです。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 93,960円 98,280円 取り扱いなし
MNP
(月々割適用後)
48,600円
(2,025円×24回)
48,600円
(2,025円×24回)
取り扱いなし

機種変更と比較すると、ドコモ2万円ほど、auにいたっては同額です。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない