V30+ L-01Kの評価|本音で辛口レビュー・ドコモへお得に乗り換える3ステップ

iPhone8・iPhoneXなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に乗り換えられます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

先日ドコモから2017年冬春モデルが発表されました。スマートフォン10機種とらくらくホン1機種、そしてタブレット2機種とラインナップも豊富で、Galaxy Note8 SC-01Kの発売を皮切りに順次発売される予定です。

今回の新機種も各メーカーの人気フラッグシップモデルが多数含まれているため、高性能なスマートフォンを狙っているという方にとっては発売日が待ち遠しいところですね。

今回ここで紹介するのはLGから発売が予定されている、フラッグシップモデル「V30+ L-01K」です。人気のV20の後継機種として今から発売が待ち遠しい機種の一つです。

ここでは、6インチの大型液晶画面を搭載するV30+ L-01Kのスペックなどの詳細に迫りつつ、辛口レビューも交えながら紹介して行きます。

また、機種変更や乗り換えをするなら少しでもお得に新機種を購入したいところです。

そのため、V30+ L-01Kをドコモでお得に購入するための3ステップを紹介して行きます。

ドコモの最新機種が気になっているという方や、お得な乗り換え先をお探しの方は、是非参考にしていただけたらと思います。

そのほかの機種の詳しいレビューはこちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:〜「ドコモのスマホ おすすめ新機種ベスト11【2017冬-2018春モデル】」

1.V30+ L-01K詳細と辛口レビュー

まずは、30+ L-01Kのスペックの紹介と、現時点で確認できている辛口レビューを紹介します。

 

1-1.V30+ L-01Kのスペック詳細

medium_01_sv

メーカー:LGエレクトロニクス
カラーバリエーション:Cloud Silver 、Aurora Black
サイズ:高さ 約152mm × 幅 約75mm × 厚さ 約7.4mm
質量:約158g
OS:Android 8.0
CPU:Qualcomm MSM8998 2.45GHz+1.9GHz オクタコア
メインメモリ:4GB
保存領域:128GB
外部メモリ:microSDXC(最大256GB)
液晶画面サイズ:有機EL 約6.0インチ
液晶画面解像度:2880×1440
バッテリー容量:3,060mAh
メインカメラ:約1650万画素(CMOS)+約1310万画素(CMOS)
サブカメラ:約510万画素(CMOS)
防水:IPX5 / IPX8
防塵:IP6X
生体認証:指紋、顔認証
ワンゼグ/フルセグ:◯/◯
おサイフケータイ:◯
ハイレゾ:◯

 

◇6インチの大画面

img_gallery_01

V30+ L-01Kの液晶画面は縦横比18:9でサイズが6インチと最近のスマートフォンの中でも大きく、タブレットに迫るサイズになります。

画面の縦横の比率が18:9とワイドであることから画面全体が大きい割には横幅が狭く、手にした時に6インチの大型液晶を搭載したモデルとしてはコンパクトな印象を受けます。

また、解像度は2880×1440と高精細なため大画面でも画素の荒さを感じることなく、動画の視聴やゲームなども快適です。

V30+ L-01Kの液晶画面は有機ELを採用しています。有機ELを含め、液晶画面は3原色で構成される無数の画素により色を再現しています。有機ELも従来の液晶画面も同じ原理で発色しますが、有機ELと従来の液晶との最も大きな違いは、画素自体が発光するかどうかです。

従来の液晶の場合には、画素自体が発光しないため、バックライトで照らす必要がありました。しかし、有機ELの場合には画素自体が発光するためバックライトが必要ありません

バックライトが無いことによる大きなメリットとしては、バックライトが不要である分、薄型化できるという点があります。そしてもう一つの大きなメリットは色の再現性が高くなるというものがあります。

特に黒色の再現性に大きな違いが生じてきます。従来の液晶の場合、バックライトの強さにより本来の色よりも明るく再現されてしまったり、反射により白っぽく見えてしまうことがありましたが、有機ELではそのようなことが起こらず、従来の液晶では難しかった黒も原色を忠実に再現することが可能になります。

 

◇軽量な筐体

new-1045954_640

通常、液晶画面サイズが5,5インチを超えると、筐体重量が200gを超えるモデルも珍しくはないですが、V30+ L-01Kは6インチモデルとしてはかなり軽量な158gに抑えられています。

数十グラムの違いであっても、長い時間スマートフォンを持っていると、手にかかる負担も大きくなってしまいます。しかし、150g程度であればゲームをしたり電子書籍の閲覧をする場合でも快適に利用することができるでしょう。

また、液晶画面が大きさに比例して筐体サイズも大きくなってしまいますが、液晶画面の項目でもお伝えしたようにV30+ L-01Kの液晶画面の縦横比は18:9と横幅が狭く、更にベゼルレス化されているため6インチ液晶のスマートフォンとしては、筐体サイズがコンパクトに仕上がっています。

 

 

◇米国国防省調達基準に準拠

img_014

V30+ L-01KはIPX5/IPX8の防水性能と、IP6Xの防塵性能を持っています。まず、防水性能のIPX5は3m離れた内径6.3mmのノズルから毎分12.5リットルの水を3分以上噴射しても、通信機器としての機能を損なわないことが条件となります。

また、IPX8とはIPX7よりも厳しい条件で水没しても本体内に浸水しないこととなっています。ちなみにIPX7とは1.5mの水深に30分浸しても通信機器として影響がでないこととなっているため、防水性能としてはとても高いということになります。

また、防塵性能のIP6Xとは粉塵が本体内に侵入しないという規格になっています。

そして、V30+ L-01Kはそれだけではなく米国国防総省の物資調達基準である、MIL-STD 810Gの14項目にに適合した耐久性も持ち合わせています。その14項目とは以下になります。

「防水(侵漬)、防水(雨)試験、防塵試験、耐衝撃試験、耐振動試験、耐日射試験、防湿試験、塩霧耐久試験、高温保管試験、高温動作試験、低温保管試験、低温動作試験、低圧動作、耐熱撃試験」
普段使いであっても安心感が高いモデルといえます。

 

◇ハイレゾ対応イヤホンが付属

p_02

最近のスマートフォンはハイレゾ再生に対応した機種も多く、高音質で音楽を楽しみたいという方にとっては、興味深い機能の一つではないでしょうか。

ハイレゾはCDに比較すると6.5倍ものデータ量があります。データ量が多いということはCDではカットされてしまっている音域や音の密度が原音に近い状態で収録されているということになります。

高音質なハイレゾ音源を再生するためには、ハイレゾ再生に対応したイヤホンが必要になりますが、V30+ L-01KにはB&O PLAYオリジナルのハイレゾ対応イヤホンが付属しているため、買ってそのままで高音質なハイレゾを楽しむことができます。

また、V30+ L-01Kのオーディオ周りのチューニングもB&Oが手がけているということもあり、ハイレゾ以外の音源であっても高音質で楽しむことができます。

 

 

◇おサイフケータイなど基本機能も充実

unnamed

日本国内のメーカーから発売されるスマートフォンでは、必須となっている機能におサイフケータイやフルセグ・ワンセグなどがあります。V30+ L-01Kは韓国のメーカー製でありながらもこれら基本的な機能にもしっかりと対応しています。

またセキュリティー上必須になってきた、生体認証機能については指紋のほか顔認証にも対応しています。

指紋認証センサーは背面の中央部分に配置されているため、自然に本体をてにしたときに自然に人差し指で認証することができます。

 

◇2眼レンズの高性能カメラを搭載

medium_02_sv-2

V30+ L-01Kの背面に搭載されたメインカメラはデュアルレンズを採用しています。一つは通常のレンズと広角レンズを搭載しています。

広角レンズの場合の通常のレンズの画角よりも広範囲を撮影することができるため、風景写真の撮影や大勢で記念写真を撮影するときなどに役立ちます。

通常レンズと広角レンズの切り替えは撮影時に操作パネルから簡単に切り替えることができます。

 

◇VR

p_01

VR(バーチャルリアリティ)に対応したアプリやコンテンツが増えてきたため、VR対応のスマホが気になっているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

Googleでは高品質なVRを提供するためのプラットフォームとして「Daydream」を提供しています。今年の秋移行発売されるスマートフォンはこのDaydreamに対応したモデルも多数発売される予定です。

V30+ L-01KもDaydreamに対応していますが、通常VRを楽しむためには、VRに対応しているスマートフォンのほか、対応したヘッドセットが必要になります。

通常は別途購入する必要がありますが、ドコモではV30+ L-01Kを購入した方全員にヘッドセットをプレゼントするキャンペーンを実施していますので、VRに興味のある方は是非この機会に購入されてはいかがでしょうか。

 

 

1-2.V30+ L-01Kの辛口レビュー

SAYA072155409_TP_V4

 

 

◇カラーバリエーションが少ない

img_gallery_04

LGエレクトロニクスから発売されているV30シリーズには、今回ドコモから発表された「V30+ L-01」の他に「V30」が存在しますがV30はグローバルモデルのみ選択が可能です。

基本的な性能に大きな違いはありませんが、グローバルモデルのV30のカラーバリエーションは「Aurora Black、Cloud Silver、Moroccan Blue、Lavender Violet」の4色展開となっていますが、ドコモから発売となるV30+ L-01の場合には「Cloud Silver 、Aurora Black」の2色のみが選択可能となっています。

そのため、グローバルモデルと比較してしまうと、カラーバリエーションの少なさにがっかりしてしまうかもしれません。

しかし、グローバルモデルのV30の保存領域は64GBとなっており、ドコモモデルのV30+ L-01場合には保存領域の大きい128GBモデルとなっているため保存容量の面では有利になります。

 

◇MicroSDカードが最大値まで利用できない

micro-1899015_640

V30+ L-01は本体の保存領域が128GBと容量的には十分なサイズとなっていますが、動画を保存したり音楽データや写真などを保存していくと容量が足りなくなってしまう場合もあります。

しかし、V30+ L-01はMicroSDカードに対応しているため、さらに容量を拡張することができます。

そこで気になるのが、グローバルモデルのMicroSDカードの最大値は2TBまでとなっているのに対して、ドコモモデルのMicroSDカードの最大値は256GBとなっています。

MicroSDカードの規格では理論上最大で2TBまでのデータを扱えることになっています。

先日、SanDiskから世界最大容量のMicroSDカードが発売されましたが、その容量は400GBとなります。それ以前は256GBがMicroSDカードの最大容量であったため、グローバルモデルとドコモモデルのMicroSDカードの最大容量の記載の違いは、理論値の最大容量を記載してあるか、掲載時点での動作確認の取れている最大容量を記載したものかの違いであると言えるでしょう。

 

◇背面に指紋がつきやすい

dirt-88534_640

V30+ L-01のカラーバリエーションは先ほども紹介しましたが、Cloud Silver 、Aurora Blackの2色となっており、背面は鏡面のような光沢のある仕上がりになっています。

そのため、特にCloud Silverの方は指紋がつくと目立ちやすくなってしまいます。そのへん気になる方は結構きになるのではないでしょうか。

もし、本体背面の汚れが気になるという方はスマートフォン本来の見た目を損なうことなく、落下時の衝撃も和らげてくれる以下のようなクリアタイプのケースがおすすめです。

71ih3QrT0AL._SL1500_
Fitwhiny-スタイリッシュTPU-シリコンケース

 

30+ L-01の魅力がわかってきたところで、気になるのはどうやったらお得に購入することができるかということではないでしょうか。続いては、ドコモにお得に乗り換えるための3ステップを紹介します。

 


   (次ページへ続きます)
【得する話】iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone8・iPhoneXなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら

→ドコモはこちら

→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう

→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう

1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価(MNP)

★★★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない