ドコモから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法を徹底解説


iPhone8・iPhoneXの購入を検討中ならなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

iPhone8・iPhoneXは、必ず公式オンラインショップで予約しましょう。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
もちろん、ショップの店頭で予約するよりも、最短・確実にiPhone在庫を確保できます。迷っている最中でも、予約だけは先にしておきましょう!

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1回支払うだけならまだしも毎月の使用料が取られるスマホ代で家計が苦しくなっている人は多いのではないでしょうか。ガラケーの時代に比べて2倍くらいになっている人が多いものの、今や手放せないマストアイテムになっているからどうしようもないと思っていませんか?

しかし、そんなことはないのです!そうです、格安SIMに乗り換えると言う方法です。あまりの安さに、「アプリ代が普通のスマホより割高」「後々プラスでお金が取られる」などのデマ情報が流れるほど。もちろん完全なるデマですけどね。

そこでここでは圧倒的シェアを未だに誇っているドコモから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法をお伝え致します。

また、ドコモのままにするメリット、デメリット、格安SIMのメリット、デメリット、おすすめ格安SIM会社等も合わせてお伝えしていきますので、自分のライフスタイルに合わせて自分にとってのベストチョイスを選んでくださいね。

「出来上がった原稿を見て頭を抱える出来上がった原稿を見て頭を抱える」[モデル:朽木誠一郎]のフリー写真素材

1.ドコモから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法

1-1 格安SIMでもMNPはもちろん可能

2014年にドコモ⇔au⇔ソフトバンク間のMNPが施行され、キャリアの乗り換えが活発化されました。MNP(Mobile Number Portability)、噛みくだいて言うと、携帯電話番号そのままに他のキャリア(携帯電話会社)に移せるという事です。

それまでは、携帯電話番号が変わった事を知らせるのが面倒でキャリアを変更するのを躊躇っていた人が、各社ともMNP特典を大盤振る舞いで盛り込んだため、かなりの変動がありました。

やはりMNPでキャリアが変わるという事は、(元々のキャリア)マイナス1+(加入したキャリア)プラス1なので、事実上大手3社でシェア争いをしている現状なので、この移動は大きいですからね。

そして格安SIM元年とも言われている2017年、このシェア争いは激化していきます。

異業種を含めた格安SIM会社が多く参入、もちろんこの格安SIMに乗り換える場合でも、携帯電話番号は変わらないMNPで乗り換えができるので、番号そのままにスマホ代を半減できるわけで、上手に活用すれば大きな節約につながります。

1-2 MNPのやり方

ここでは、ドコモから格安SIMにMNP(乗り換え)する方法を分かりやすく伝授していきたいと思います。基本的にはどこのキャリアから格安SIMを含めたどこのキャリアに移行する場合でもやり方は一緒なので、ドコモユーザー以外も必見ですよ。

1-2-1 更新月かどうかをチェック

悪法なんて言われながらも未だに継続しているいわゆる「2年縛り」。更新月以外で解約(もしくはMNP移動)すると、解約手数料がかかるというもの。スマホ代を安くなる特典を受けているので2年契約は納得でも、それが過ぎても契約月以外だと解約手数料がかかるのはちょっと納得いかないなんて言う人も多いのではないでしょうか。※解約手数料9500円(税抜き)

最近では、2年縛りの契約月期間が1か月から2か月に延長されましたが、それでもしっかり契約月を把握しておかないとせっかくの格安SIMで安くなるのにプラスマイナスゼロになっちゃいますからね。

そこで、MNP移行をする前に契約月がどうかをしっかりチェックしておきましょう。

確認方法は、151で聞くと教えてくれますが、待ち時間が結構ある場合もあります。そこで、自分で確かめることができるネットでの調べ方をまとめてみました。

①「My docomo(お客様サポート)」にアクセス(スマホでもPCでも可)https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/index.html

②「お客様サポート」をクリック(タップ)

③「ドコモオンライン手続き」を選び、ドコモIDでログイン

④「ご契約内容の確認・変更」を選ぶ

⑤ご契約プランが表示されるので、そこに「契約満了月は20○○年○月です。」と明記されています。

例えば、契約満了月が2017年5月です。とありましたら、解約(MNP)して手数料がかからないのは2017年6月~7月の2か月という事になります。

「新旧のスマホを見比べる新旧のスマホを見比べる」のフリー写真素材

1-2-2 MNP予約番号を取得

まず行うのが、ドコモにMNP予約番号を取得することです。取得方法は以下の3点があります。

・電話で取得⇒ドコモのインフォメーションセンター(ドコモ携帯からは151、一般電話からは0120-800-000。

こちらで契約時に決めた4ケタの番号が必要になります。電話待ちがお昼時、休日など混雑日時の場合10分以上待たされる場合もありますので注意。

・MY docomoで取得⇒ドコモID、パスワードでログイン後、MNP予約番号を取得。

事前にドコモIDを取得しておく必要があります。ただ24時間自分の好きな時間にネット上でできるのは大きなメリット。

・ドコモショップで取得⇒ドコモショップにてMNP予約番号を取得したい旨を話す。

基本的にスタッフがやってくれるので初心者にはおすすめ。ただ1時間以上待たされることもたびたび。できるなら事前にホームページ上から取れるドコモショップの入店予約をするとベター。

また、MNPでキャリアを移動する際、手数料がかかります(ドコモの場合2000円)。この金額は、すぐに取られるわけではなく、ドコモの最終支払いに加算される形になります。

また、別にMNP予約番号を取得してもすぐに回線が止まるわけではありません。基本的に、MNP予約番号は15日間の期限が設けられています。後々で手続きと思っていると、期限が過ぎてしまい再度やり直しなんて事になるので気を付けましょう。

「音声で改善点を指摘するコンサル音声で改善点を指摘するコンサル」[モデル:藤沢篤]のフリー写真素材

1-2-3 dポイントを使い切ろう

ドコモポイントからdポイントに変更になった事で、ドコモユーザーでもそのまま使えるようになりました。その際に、ドコモIDの登録メールアドレスをドコモメールからYahoo!やGoogleなどのフリーメールなどに変更しておきましょう。

ドコモを解約すると、dTVやdヒッツなどのドコモユーザー以外でも利用できるサービスをそのまま継続して使うならまだしも、そうでもない限りdポイントを貯めることがなくなってしまいます。

マイドコモなども見る機会は無くなるでしょうからdポイントの存在を忘れてしまいます。

そこで、ドコモを解約する前にdポイントを使い切ってしまうのがベターです。

最終請求料金に使う事もできますし、dデリバリーで出前を取るもよし、dショッピングでネットショッピングするもよし使い切っちゃうのがベターだと思います。

「今日も5000キロカロリー超えたンゴ今日も5000キロカロリー超えたンゴ」[モデル:朽木誠一郎]のフリー写真素材

1-2-4 格安SIMへのMNPの際に用意しておくもの

では、いよいよ格安SIMを開通させましょう。格安SIMの場合は、多くの会社がネット上で手続きをします(一部電話で出来る場合もあり)。

そこで、ここでは格安SIMへのMNPの際に用意しておくものをまとめてみました。

・MNP予約番号

→1-2-2で説明した通り、ドコモに問い合わせて取得した番号をメモっておきましょう。

・SIMカード

→あらかじめ格安SIM会社で申し込んでSIMカードが届きます。開通手続きをしないとSIMカードを入れても使えませんので気を付けてください。その際に、自分が使うスマホのSIMカードサイズ(標準SIM、microSIM、nanoSIM)を把握しましょう。ちなみにiPhoneは5以降はnanoSIM、4シリーズがmicroSIM、3Gが標準SIMとなります。

ちなみにこのSIMカードサイズを間違えて申し込んでしまうと別途手数料を取られてしまう場合が多いので注意が必要です。

また、急ぎの場合はAmazonなどで翌日配送してくれるSIMカードもありますのでチェックしてみて下さい。

・クレジットカード

→一部の格安SIM会社を除いて、多くのキャリアがクレジットカード支払いのみとなります。銀行振り込みと選べるところも増えてきていますが、即座に決済もできるクレジットカード支払いのほうが迅速に手続きが進むのでおすすめです。

「クレジットカードを持つ手(グリーンバック)クレジットカードを持つ手(グリーンバック)」[モデル:MOA]のフリー写真素材

1-2-5 格安SIM会社で開通手続き

どこの格安SIM会社も、当然ユーザーを増やしたいわけですから、この申し込み手続き、開通手続きのやり方は分かりやすく記載されています。上記の持ち物を持って、必要事項をフローに従って、開通手続きを行いましょう。大抵10分もあれば開通手続きが完了です。

そうしたらSIMカードを使うスマホに差し込んで、あとはアクセスポイント(ANP)の編集をすればOKです。このアクセスポイントの編集についても各サイトに詳細がしっかり載っていますよ。

これで通話やネットなど無事スマホが使えれば開通できていることになります。

この際に注意したいのがアンテナ。iPhoneなどの場合、格安SIMで使うと3本線などのアンテナ強度が出ませんので注意してください。

<< 次へ続きます >>
iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone8・iPhoneXを最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら(店頭よりお得)
→auはこちら
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう

1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない