ドコモのdカード&dカードGOLDを徹底解説|メリットとデメリット

iPhone8・iPhoneXなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に乗り換えられます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2.のメリット・デメリット

付箋を付ける

続いてのメリットとデメリットについて解説いたします。dカードはドコモユーザーだけでなく、ドコモユーザー以外にとってもお得で便利なカードでメリットの多いカードですが、わずかなデメリットもあります。

2-1.dカードのメリット

OKサインの女性7

のメリットの一つは家族カードとETCカードが実質年会費無料というところです。家族カードは、一般のなら年会費初年度無料で、翌年は400円ですが、本カード、家族カードどちらか一方で年間1度でも利用があれば翌年は無料です。

dカードGOLDの場合は1枚目は無料ですが、2枚目から1,000円です。年間利用回数かあってもなくても一律で1,000円ですが、dカードGOLDのメリットの多さを考えると決して高額ではありません。

dカードは引き落とし口座も本カードと家族カードを一つにまとめることができ、それぞれで貯めたポイントの共有ができるのも便利です。

ETCカードも、初年度hw年会費無料で翌年からは500円ですが、年間1度でもETCカードを利用すれば無料になりますし、有料道路の利用をする際は100円利用毎に1ポイントつきます。

盗難、紛失、不正利用などがあった場合などにカードが手元に届いてから最大60日まで、さかのぼって補償される会員補償制度も用意されています。家族カードも、ETCカードにも1度利用すれば、翌年も年会費無料で使うことができますので、実質無料といっても良いでしょう。

もう一つのメリットはポイント還元率の高さ、ポイントがもらえるサービスの幅広さです。dカードのポイントは100円利用毎に1ポイントがつきます。年会費が実質無料で還元率が1.0%は数多のクレジットカードの中でも高還元率です。

ポイント付与形態は、月毎の合計利用額に対して1,000円単位で付きます。例えば、1ヶ月のカード利用分が135000円だった場合、その月のポイント数は1300ポイントという計算になります。また、ドコモユーザーならば「dポイントクラブ」のステージアップが即可能になります。dポイントクラブの仕組みはステージアップするごとに、dポイントが貯まるようになっています。

このステージアップですが、ドコモユーザーで保有の場合はブロンズステージに即アップし、ドコモユーザーでdカードGOLD保有の場合は、ゴールドステージに即ステージアップされます。(※ブロンズステージへアップするにはドコモユーザー歴10年以上が条件です。)

また、ドコモユーザーにとって大きなメリットと言えるのが、ケータイ保障サービスが付帯されている点です。条件は細かいですが、不慮の事故等でケータイが破損した場合などの買い替え費用の一部負担サービスもあります。

ケータイ補償サービスが適応される条件は
• 利用中のケータイである事。
• 事故による紛失、修理不能状態、盗難によるもの。
• これまで利用していた機種とまったく同じ機種の買い替えである事
• 買い替え時はドコモショップにて決済している事
• 保障対象期間は、なら購入から1年以内、GOLDなら3年以内

の以上です。

さらにローソンでの利用はポイントサービスだけでなく、割引もありお得です。ローソンでを利用した場合、に搭載されるiDを利用した場合のいぅれも合計利用代金から3%の割引があります。

ローソンで使うと提示ポイントの1%、決済ポイントの1%が付与されますので、ローソンを利用した際の還元率は、実質5%になります。またはローソンで「Loppiお試し引換」を使うこともできます。

Loppiお試し引換では、期間によりますが、様々な商品が格安購入することができます。お菓子から飲み物、お酒など商品は幅広くあります。

所有&dポイントクラブ入会でクーポンがもらえるのも、の嬉しいメリットです。もらえるクーポンの一例は

•イオンシネマ:1800円→1300円(毎週火曜日は1100円)
•ラフィネギフトカード:2160円→1940円
•てもみんグループチケット:→190円割引
•大江戸温泉物語入浴料:2489円→2000円
•新江ノ島水族館入館券:2100円→1575円

などです。イオンシネマの割引は映画好きには大変嬉しいのではないでしょうか。
この他、全国のホテルのレストラン割引など盛りだくさんです。

また、dポイントクラブ会員にはdポイントクラブクーポンというサービスもあります。このクーポンは、日常使いに便利なクーポンです。

メリットはお買い物だけではありません。dカードGOLDならば海外旅行傷害保険、国内旅行損害保険も付帯されます。旅行代金を決済していなくても適応される保険です。dカードGOLDさえ保有していれば適応されるます。

この旅行損害保険の補償内容は充実していますし、補償額が変わるとはいえ、家族にも適応されますので安心感が大きいです。GOLDの海外旅行損害保険は、自動付帯と利用付帯の二つあり利用付帯の場合は、より補償が手厚くなります。

利用した場合の補償金額は
• 損害死亡補償:本人1億円、家族1000万円
• 後遺障害補償:本人400万円~1億円、家族40万円~1000万円
• 傷害、疾病治療補償:本人300万円、家族50万円
• 賠償責任補償:本人5000万円、家族1000万円
• 救援者費用補償:本人500万円、家族50万円
• 携行品補償:本人50万円、家族15万円
• 海外航空便遅延費用特約:最大6万円

と言った内容です。

特約店舗でのポイント還元率はさらにお得で通常1%のところ、特約店での還元率は還元率は2%以上にまで上がります。

主な特約店と還元率は
• 三越伊勢丹:還元率2%
• ENEOS:還元率2%
• ショップジャパン:還元率2%
•dトラベル:還元率2%
•中部電力:還元率2%
• コナカ:還元率3%
•JTB:還元率3%
•クラブメッド:還元率4%
• スターバックスカードへのチャージ時:還元率4%
• オリックスレンタカー:還元率4%
• サカイ引越センター利用:還元率4%
• カタログギフトのリンベル:5%

などです。この他にも特約店は多数あります。通販やカフェなど、日常でよく利用するところが多いのもありがたいですね。

ポイントの有効期限が長いのも大きなメリットです。クレジットカードの中には有効期限が1年や2年など短いものも少なくありませんが、で貯めたdポイントの有効期限は4年間と長期です。

ドコモの支払いにを利用しても、支払った金額分のdポイントはもらえません。一般所持で利用料金の1%です。

このdポイントはガスや電気などの公共料金の支払い、固定電話やインターネット料金、税金、NHK受信料、各種税金、地方公共団体の税金、ふるさと納税(一部対象外)、自動車税、新聞、民間保険の支払い時もポイント付与の対象です。

日常生活や必要なものの決済でザクザクとポイントが溜まるのは本当に大きなメリットです。

2-2.dカードのデメリット

クッションを抱えて考える女性2

続いてdカードのデメリットです。まず一つが他のTポイントやPontaポイントなどの他のポイントサービスに比べると、dポイントを貯めたり使ったりできるお店が少ない点です。

しかし、この点はdポイントを他のポイントに交換する(例えばPontaポイントに交換するなど)で対処できます。

dカードでドコモ料金の支払いをしてもポイントの二重取りができないのもネックではあります。dカードでドコモの支払いをするとポイントが二重取りできるのと思っている方も多いようですが残念ながらできません。

dドコモの支払いにを利用しても、支払った金額分のdポイントはもらえません(一般所持で利用料金の1%)。を所持していると、ドコモの利用料金に応じてdポイントは貯まりますが、支払いにを利用しなくても貯まる仕組みなのです。

また、ポイント付与対象外なのはドコモ利用料金の他、の各種手数料、年会費、遅延損害金、電子マネーチャージ、ユニセフなどの募金、国民年金保険料などです。

電子マネーチャージによるポイント付与は一切対象外です。つまりチャージ&利用でのポイント二重取りはでは出来ないのです。

保険についてもデメリットはあります。旅行保険はGOLDには付帯しているものの、一般のには国内・海外旅行保険の付帯はありません。もし一般のユーザーならば旅行保険付帯のクレジットカードをサブカードとして持つ事をオススメします。おいたほうが良いでしょう。

但し、dカードには「お買物あんしん保険」というショッピング保険の付帯がありますので、お買い物メインで使われる方はにはメリットですね。

「お買い物あんしん保険」は、で決済をして購入したものが盗難や破損などの損害を受けた場合、購入日から起算して90日間、年間100万円まで補償されるというものです。

dカード GOLDについてのデメリットは高額の年会費ですね。年会費10000円は高額ではありますが、ドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%、ケータイ補償でAppleCare+が不要になるなど年会費の相当の部分は殆どカバーできています。

年100万円以上の利用で10,800円分の携帯電話、dトラベル、d Fashionの割引クーポンも得られます。仮に200万円以上使う場合は年21,600円相当お得になるという事です。

年100万円以上クレジットカードを利用すれば「dカード GOLD年間ご利用額特典」だけで年会費分は取り戻せてしまうので、dカード GOLDの年会費が高額な点は差ほど大きなデメリットではないと言えるでしょう。


   (続きます)
【得する話】iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone8・iPhoneXなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう


1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価(MNP)

★★★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。