ドコモのスマホ おすすめ新機種ベスト25【最新2017夏モデル】


iPhone8・iPhoneXの購入を検討中ならなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

iPhone8・iPhoneXは、必ず公式オンラインショップで予約しましょう。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
もちろん、ショップの店頭で予約するよりも、最短・確実にiPhone在庫を確保できます。
迷っている最中でも、予約だけは先にしておきましょう!
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

6-1.とにかく価格にこだわったお手軽スマホ

gallery_0

MONO(MO-01J)は価格にとにかくこだわったスマホといえるでしょう。各種条件はありますが、なんと一括648円で購入することができます。端末代金を抑えることで月々の支払い料金を軽減することができるのは嬉しいところ。スペック的にも極端に低いわけではないので、格安スマホとの比較検討ができる端末といえるでしょう。

gallery_3-1

 


MONO MO-01J
機種画像  color_0-2
OS  Android6.0
ディスプレイパネル 約4.7インチ液晶,HD
720×1280
プロセッサ Qualcomm
MSM8952
1.5GHz+1.2GHz
オクタコア
内蔵メモリー(RAM)  2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC(最大128GB)
メインカメラ 裏面照射積層型CMOS
約1330万
インカメラ 裏面照射型CMOS
約490万
防水/防塵 IPX7/IP5X
ビデオ撮影  
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、ハイレゾ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約136×約69×約8.8mm
重さ 約138g
バッテリー容量 2440mAh
カラー White
Black

7.Xperia X Performance SO-04H

hero

SO-04HはSony Mobileのスマートフォン新シリーズ「Xperia X」の最上位モデル「Xperia X Performance」の国内モデルになります。
今までのZシリーズからモデルチェンジされた第一弾機種です。
機種の特徴はデザイン、カメラ、バッテリーを重視した設計で、特にスタイリッシュなデザインとカラーリングが特徴となっています。
この機種の特徴はデザイン、バッテリー、カメラを従来のモデルより強化しました。
カラーリングはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの四色展開。
2016年6月中旬発売予定。

7-1.デザイン

detail_1

端末背面にフロストガラスを一貫して採用してきたフラグシップモデルのXperia Zから一転して、背面をメタル素材に変更しました。
「人に寄り添う、洗練されたデザイン」というキャッチコピーに違わぬ美しいデザインです。
メタルの質感を際立たせるヘアライン加工とサンドブラスト加工を施しており、ラウンド形状を採用しています。
ホワイト、グラファイトブラックには繊細な輝きで高級感のあるヘアライン加工を、
ライムゴールド、ローズゴールドにはやわらかい輝きで上質感のあるサンドブラスト加工を施しています。
ラウンド形状の利点として、液晶とサイドパネルの一体感、背面の丸みを帯びた形状がグリップ感を高めています。
また、Xperia X Performance SO-04Hはバックパネルやフレーム、ディスプレイ面も同じカラーで仕上げており、更に一体感が増しています。


7-2.カメラ

gallery_1

高精細な約2300万画素のメインカメラに加え、フロントカメラもイメージセンサーを一新し、約1320万画素に進化。
メインでもフロントでも、極めて高い解像感で隅々までシャープに被写体を描写します。
また高速起動を実現しており、カメラを起動からオートフォーフォーカスまで0.6秒というスピードです。
これは、Xperiaシリーズ最速となっています。
特に注目するべき点は約1320万画素のインカメラ。
実はこのインカメラ、従来では実現しなかった背面センサーと同じExmor RS搭載しています。
まるで背面カメラで撮ったような高精細・高画質のセルフィーが楽しめます。

7-3.バッテリー

5b4144db-s

Qnovo社と共同開発した充電の最適化技術を世界ではじめて採用し、バッテリーの長寿命化を実現。
2年使っても劣化しにくくなっています。
充電の際に電池の状況を見ながら充電する技術で、充電によるバッテリーの寿命を延ばすことができます。
従来機種Xperia Z2比で約2倍のバッテリー寿命を実現しました。

その他、従来のVoLTEよりも高音質な「VoLTE(HD+)」に対応、6月より提供されるPremium 4Gの下り最大375Mbpsサービスに対応します。
フルセグ、おサイフケータイ、防水防塵にも対応する全部入りスマホです。
デザイン性と実用性を兼ねそろえたXperia X Performance SO-04Hはおすすめの機種です。
Xシリーズの今後も楽しみですね。

・OS:Android 6.0 Marshmallow
・サイズ:144 x 71 x 8.6mm、質量 165g
・ディスプレイ:5 インチ、解像度 1,920 × 1,080 ピクセル(Full HD)、TFT 液晶(TRILUMINOS ディスプレイ対応)、1,677 万色
・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz + 1.6GHz オクタコア、Adreno 530
・メモリ:RAM 3GB、内蔵ストレージ 32GB、microSD / microSDHC / microSDXC(最大 200GB)
・リアカメラ:2,300 万画素
・フロントカメラ:1,320 万画素
・対応周波数(国内):WCDMA(800 / 2100MHz)、FDD-LTE(700 / 800 / 1500 / 1700 / 2100MHz)
・対応周波数(国外):GSM(850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz)、WCDMA(850 / 2,100MHz)、FDD-LTE(700 / 1,700 / 2,100 / 2,500 / 2,600MHz)、TD-LTE(1,900 / 2,300 / 2,500 / 2,600MHz)
・FOMA ハイスピード(HSPA):下り最大 14Mbps、上り最大 5.7Mbps
・LTE:下り最大 375Mbps、上り最大 50Mbps(Premimu 4G 対応)
・ワイヤレス通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz 帯)、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA
・外部端子類:3.5mm オーディオジャック、Micro USB、指紋リーダー付き電源ボタン
・バッテリー:2,570mAh
・実使用時間:未定
・ハイレゾ再生:○
・LTE / Wi-Fi の同時利用:×
・生体認証:○(指紋)
・緊急省電力モード:○
・spモード:○
・ドコモメール(クラウド):○
・おサイフケータイ:○(NFC)
・テレビ機能:ワンセグ、フルセグ
・耐久性:防水(IPX5 / X8)、防塵(IP6X)
・テザリング:○(Wi-Fi は最大 10 台)
・おくだけ充電(ワイヤレス充電):×
・VoLTE:○
・VoLTE HD+:○
・WORLD WING:○
・SIM カード:Nano SIM


8.Galaxy S7 edge SC-02H

SC-02H_main_s

「edge」シリーズの最新モデルGalaxy S7 edge SC-02H。
SC-02Hは、昨年の夏モデルで発売された「Galaxy S6 edge SC-04G」の後継モデルになります。
Galaxy S7 edge SC-02Hはディスプレイが5.5インチに拡大し、スペックも強化された順当進化モデルです。
設計そのものをリシンクし、更に快適な操作性を実現しています。

8-1.デザイン

gallery_3

デュアルエッジスクリーンと背面カーブを採用し、握りやすさと大画面を両立させています。
実際のグリップ感もかなりよく、画面サイズでは全くおなじ5.5インチを採用したiPhone6s Plusよりも持ちやすいと感じました。
それもそのはずで、iPhone6s Plusの横幅は77.9mm。
対するGalaxy S7 edge SC-02Hは73mmであるため、約4mm幅が狭くなっています。
画面のサイズを変えずに横幅を狭くすることで携帯性を高めました。
ディスプレイだけでなく、背面ラウンド形状もグリップ感の向上に一躍かっています。

8-2.カメラ

docomo-galaxy-s7-edge-sc-02h-1

一眼レフ並みのカメラ性能を詰め込んでいます。
デュアルピクセル技術により、全てのピクセルでピントあわせを行う超高速オートフォーカスで、撮りたい瞬間を逃しません。
背面カメラにはF値1.7、フロントカメラにはF値1.9の明るいレンズを採用し、
薄暗い場所でもノイズの少ない明るい写真を撮ることが可能です。
リアカメラの画素数は1,220 万画素、フロントカメラは 500 万画素です。

8-3.バッテリー

3,600mAh大容量のバッテリーを搭載し従来のモデルより1.4倍で1000ma増量しました。
注目するべき点は、バッテリー容量が増量されたにも関わらず、体積自体はS6 edgeと変わないとのこと。
これらは高密度バッテリー技術によるもの。
また懸念される発熱の問題ですが、バッテリーの裏にヒートシンクパイプとグラファイトシートで熱処理しているため安心です。

その他、SC-02Hではスリープ中にも時刻やカレンダーの情報を常時表示する「Always On」機能や
キャップレスでIP68の防水・防塵に対応、Micro SDカードの復活、前面には指紋リーダー付きのホームボタンがあります。
省電力モードでは通信を制限を自動で行う「緊急時長持ちモード」があり、緊急速報に連動してモードが切り替わります。
RAMが4Gなど、「高スペック大画面スマホの大本命」といったところでしょうか。

・OS:Android 6.0 Marshmallow
・サイズ:151 x 73 x 7.7mm、質量 158g
・ディスプレイ:5.5 インチ、解像度 2,560 × 1,440 ピクセル(WQHD)、AMOLED
・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz + 1.6GHz オクタコア、Adreno 530
・メモリ:RAM 4GB、内蔵ストレージ 32GB、microSD / microSDHC / microSDXC(最大 200GB)
・リアカメラ:1,220 万画素
・フロントカメラ:500 万画素
・対応周波数(国内):WCDMA(800 / 2100MHz)、FDD-LTE(700 / 800 / 1500 / 1700 / 2100MHz)
・対応周波数(国外):GSM(850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz)、WCDMA(850 / 2,100MHz)、FDD-LTE(700 / 1,700 / 2,100 / 2,500 / 2,600MHz)、TD-LTE(1,900 / 2,300 / 2,500 / 2,600MHz)
・FOMA ハイスピード(HSPA):下り最大 14Mbps、上り最大 5.7Mbps
・LTE:下り最大 375Mbps、上り最大 50Mbps(Premimu 4G 対応)
・ワイヤレス通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz 帯)、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA
・外部端子類:3.5mm オーディオジャック、Micro USB、心拍センサー、指紋リーダー付き電源ボタン
・バッテリー:3,600mAh
・実使用時間:100
・ハイレゾ再生:○
・LTE / Wi-Fi の同時利用:○
・生体認証:○(指紋)
・緊急省電力モード:○
・spモード:○
・ドコモメール(クラウド):○
・おサイフケータイ:○(NFC)
・テレビ機能:ワンセグ、フルセグ
・耐久性:防水(IPX5 / X8)、防塵(IP6X)
・テザリング:○(Wi-Fi は最大 10 台)
・おくだけ充電(ワイヤレス充電):○
・VoLTE:○
・VoLTE HD+:○
・WORLD WING:○
・SIM カード:Nano SIM

9.AQUOS ZETA SH-04H

SH-04H_main_s

シャープが投入するAndroid スマートフォン「AQUOS ZETA SH-04H」です。
AQUOS ZETA SH-04Hはシャープ製スマホのフラグシップに位置づけする高性能機種です。
ZETAシリーズといえば、「IGZO」ですよね。
今回のモデルではさらにその技術が進化し、ハイスピードIGZOとして生まれ変わりました。
ハイスピードIGZO搭載の 5.3インチであるSH-04Hは、120Hzのリフレッシュレートをサポートし、
従来よりも滑らかな操作性を実現しています。
簡単に説明すると1秒に60コマだった従来のIGZ0が、今回のAQUOS ZETA SH-04Hでは1秒間に120コマに進化しました。
また、ハイスピードIGZOは目にも優しいとのこと。
2016年6月上旬発売予定。

<< 次へ続きます >>
iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone8・iPhoneXを最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない