DMM mobileのプランの変更方法と評価|他、格安SIM徹底比較!

スマホを利用されている方の、通信料金は平均で7,000円から8,000円程度となっています。スマホを利用している方の中には、この通信料金が高いと感じていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、ドコモやauそしてソフトバンクなどの大手キャリアの通信料金プランの利用している方が、格安SIMを販売する通信事業者が提供する料金プランへ変更する動きが多く見られます。

その中でも通信料金の安さで注目を集めているのが、DMM mobileです。ここでは、DMM mobileのプランへの変更方法や評価、そしてその他の格安SIMの料金プランも徹底的に比較していきます。

大手キャリアの通信料金プランの料金が高と感じている方や、格安SIMへの乗り換えを検討中の方は是非参考にしていただけたらと思います。

おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • ・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • ・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • ・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1.格安SIMとは

call-71168_640

DMMmobileが提供している格安SIMの料金プランを紹介する前に、格安SIMが何であるのかについて簡単に触れておきたいと思います。

1-1.格安SIMの販売事業者とは

9778f11efc07b2c44226eb3821f6bfc1_s

DMMmobileなど格安SIMを販売している事業者の事を「MVNO」と呼びます。MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略であり、日本語では「仮想移動体通信事業者」となります。

それに対して、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手通信キャリアは「MNO:Mobile Network Operator」(移動体通信事業者)と呼びます。

1-2.MVNOとMNOの違いは何か

0e9e57253c690fc393a32d56d7ca017d_s

ドコモを始めとするMNOは、国内の利用者へ快適かつ満遍なく通信サービスを提供するために、全国各地に基地局などの通信インフラを所有しています。

それに対して、MVNOは基地局などの通信インフラを自前で所持しておらず、MNOの通信インフラを借り入れて、利用量に応じて手数料を支払う形式で運用しています。

1-3.安さの理由とは

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

MVNOは通信事業を始める際に、膨大な規模の通信インフラへの初期投資の必要が無く、維持管理のコストもかかりません。

また、大半のMVNOの格安SIMは、オンラインでの販売が中心となっているため、大手キャリアの様に各地にショップを構える必要が無く人件費も最小限で済みます。

これらがMVNOが販売する格安SIMの安さの理由になります。

シェアする
 >>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4 5