大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方法(MNP)|格安SIM各社徹底比較


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

長期に渡り大手キャリアにて契約しているものの、通信費があまりにも高いことで、格安SIMへとMNPを考えている人が増えています。

しかし、格安SIMという言葉の浸透度は低く、まだこれについて十分な理解を得ていないという人もいることでしょう。

また、格安SIMにMNPをしたところで、どのぐらいお得であるかがわからないなんて人や、大手キャリア以外で契約をすることに、漠然とした不安を抱えるなんて人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、大手キャリアから格安SIMへMNPを考える方が、少しでも不安を解消できるような内容や、これにMNPをすることにより、どのぐらいお得にスマホを運用できるかなどの情報を盛り込んでご紹介しています。

更に、よりお得に契約できるおすすめのキャリアについてもご紹介していますので、是非最後までお付き合い頂ければと思います。

1.何が違うの?格安SIM

メモを取る女性

なんとなく通信費を節約したいと考え、大手キャリアから格安SIMへMNPを考える人が増えています。

しかし、せっかくMNPを行なうのであれば、キャリア契約時と格安SIM契約時の違いは知っておくべきだと考えます。

これらの違いを知ることで、格安SIMにMNPをするメリットも把握できるはず!

まずは、大手キャリアで契約をする場合と、格安SIMで契約をする場合では何が違うかについて確認していきましょう。

1-1.通信費の節約に役立つ

スマホで写真を撮る女性1

大手キャリアと格安SIMとの大きな違いは、月々の通信費が安価になるかどうかというところにあります。

月々にどの程度の違いが生まれるかについて、国内三大キャリアとDMMモバイルの価格を元にして、比較してみましょう。

 au  ソフトバンク ドコモ  ドコモ  DMMモバイル
電話かけ放題
(ライトプラン)
 1,700円/月
(誰でも割適用時)
※通常3,200円/月
※5分超:20円/30秒
 1,700円/月
(月々割適用時)
※通常3,200円/月
※5分超:20円/30秒
 1,700円/月
(月々サポート適用時)
※通常3,200円/月
※5分超:20円/30秒
 850円/月
※5分超:20円/30秒
 インタネット接続料  300円/月  300円/月  300円/月  300円/月
 データ定額(5GB)  5,000円/月  5,000円/月  5,000円/月  1,910円/月
 月々合計  7,000円/月  7,000円/月  7,000円/月  3,060円/月

※ライトプランは、5分以内の通話であれば、国内どこにかけても基本料金以外の請求は発生しません。

※比較表に記載の価格は、全て税抜きになります。

比較表を見ればわかるように、大手キャリアの価格は、三社ともに横並び状態なのです。

ここに個々で実施されているキャンペーンを適用することで、微妙に月々の通信費は変わってくるのですが、基本的な料金体系は比較表の通りです。

対して格安SIMの場合は、会社毎に月々の価格設定は異なっています。

しかしながら、今回のDMMモバイルの価格設定からもわかるように、大手キャリアで契約するよりは、通信費の節約に役立つことは間違いありません。

契約するプランによっても大きく異なりますが、格安SIMにMNPすることで、キャリア契約時よりも1/2や1/3程度の維持費でスマホを運用できます。

スマホ1台でも、とってもお得に通信費の節約に役立つ格安SIM!

家族でスマホを2台や3台維持する場合、格安SIMにMNPすることにより、更にお得度高い契約が行なえるようになります。

また、家族でデータ容量を共有できる『シェアプラン』を提供している会社の格安SIMでは、更なる節約効果を期待できますよ。

1-2.契約縛り(最低利用期間)が短い

ヒント

大手キャリアでは、お得にスマホを運用できるように、通話における基本料金から毎月高額な割引を実施してくれます。

しかし、この月々の割引を適用してもらった場合、2年縛り(契約縛り)が発生します。
この期間中に解約すると、1万円前後の解約違約金を請求されます。

また2年後に訪れる、『解約月』と呼ばれる月に解約を行なわなければ自動更新となり、更に2年間違約金なしでは解約できないようになります。

対してMVNOでは、
・データ専用SIM:契約縛りなし
・通話SIM:半年~1年程度
上記のように、大手キャリアよりは期間が短いケースが多いです。

※契約するMVNOの方針や、キャンペーン適用の有無によって、契約縛りの期間は大きく異なります。

大手キャリアの契約縛りは二年と長いですが、MVNOの契約縛りは短いので、もし不満が生じて解約したいと考える場合でも、気軽に解約できるといったメリットがあるのです。

1-3.低価格で大容量契約を可能に

女性 仕草9

格安SIMでは
・10GB
・20GB
・30GB
上記のような大容量契約も、低価格で行えます。

大手キャリアの場合は、大容量契約が6,000円からになるのですが、格安SIMの場合であれば、2,000円前後から契約することができます。

スマホやタブレットを頻繁に使用し、月々のネット接続量が多い方の場合は、格安SIMにて契約をすることでメリット多く契約できるようになります。

・大容量プランにて契約したいと考えるものの、大手キャリアの大容量プランは月額料が高額であるため、中容量プランにて契約をしている。

・しかし、中容量ではデータ容量が足りず、追加ばかりしている。

このような方にはとくに、格安SIMにて大容量契約されることをおすすめします。

2.大手キャリアからMNPしたい

キーボードと女性

大手キャリアで使用している、今の電話番号をそのままで格安SIMに乗り換えたい。
このように考える人も、きっとたくさんいることでしょう。

長年使用している電話番号が変更になるともなれば、面倒が増えるばかりです。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない