BIGLOBE WiMAX (WiMAX 2+)の評価|料金プラン・キャッシュバックを徹底比較!

 
おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • ・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • ・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • ・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

「いつでもどこでも自宅と同じインターネット回線を持ち運ぶことができる」WiMAXを検討している方は多いことでしょう。

WiMAXがどんなものかは何となく理解していても、いざWiMAXを選ぶとなると扱っている事業者がとにかく多い!

どこが最もお得で、月額料金はいくらくらいで、キャッシュバックなどの特典はどうなっているの?

この記事ではそんな数あるWiMAX取扱い業者の中でも有名な「BIGLOBE」のWiMAXについて詳しく解説していきます。

巷では「お得」で「安心・安全」といわれているBIGLOBEのWiMAXですが、実際はどんなキャンペーンやキャッシュバックがあるのでしょうか?
評判なども交えて詳しくみていきましょう。

データ容量をたくさん使いたい人はBIGLOBE+WiMAXの併用がおすすめ!
BiglobeのWimax詳細

はじめに:BIGLOBEのおとくポイントをチェック!

BIGLOBEの説明に入る前に、他のプロバイダーと比べてどういった点がおとくなのかをチェックします。

  • 老舗ならではのサービス体制
  • キャッシュバックが高額の「30,000円」
  • キャッシュバックのもらい方が他のプロバイダーに比べてシンプル!

以上の3点が特にBIGLOBEの強みになります。
その中でもキャシュバックの貰い方は最も強みであると言えるでしょう。

というのもキャッシュバックを受け取るには、案外複雑な手続きをする必要があります。
例えばキャッシュバックに貰えると時期にひっそりと来るメールがきます。それに沿って手続するのですが忘れてしまうとキャッシュバックはもらえません。しかもその手続き期間が短かったり・・・。

とにかく忘れてしまいキャッシュバックを逃すことも少なくありません。1年前の契約なんて覚えてませんよね。

ところがBIGLOBEのキャッシュバックは契約した時に手続きを済ませることができます。そして13ヶ月後あたりにそのキャッシュバックを受け取ることが可能な証明書が送られて来るので、それを現金に換えるだけですみます。

これって結構違うんですよね・・・。

他にもBIGLOBEのおとくなポイントを詳しく説明していきますので、最後までご覧ください!!

1.WiMAXとは

IMG_0223

まずはじめにWiMAXとは何かについてご紹介したいと思います。

WiMAXは無線通信技術の規格のひとつで、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。

元々は光回線やメタル回線(ADSL回線)の敷設が難しい土地に、ネットワーク環境を構築するための技術でした。

その技術を利用したモバイルブロードバンドサービスを、UQコミュニケーションズ株式会社が国内で提供を始めました。

UQコミュニケーションズ株式会社はKDDI系列の通信事業者です。

簡単に説明するとWiMAXとはUQコミュニケーションズが事業展開している無線通信技術です。

色々な事業者が扱っていますが、大元はUQコミュニケーションズということになります。

1-1.WiMAX回線の特徴について

IMG_0189

WiMAX回線の特徴についてご紹介いたします。

現在WiMAX回線には通常の「WiMAX回線」とより新しい規格である「WiMAX2+回線」の2種類が存在しており、WiMAX2+回線が主流となっています。WiMAX2+は通信速度が大幅に向上しており、契約する機種の種類によっては下り最大440Mbps(ベストエフォート)もの速度で通信することが可能です。

WiMAXは間も無くサービスが終了になり、現在ではWiMAX2+しか契約することができませんので、WiMAX=WiMAX2+と考えて差し支えありません。

※以下、この記事ではWiMAX2+についての説明になります。

WiMAX2+は光回線並の速度をモバイルできる驚異の回線です。WiMAX2+の速度の秘密は、周波数帯の高い電波を使用していることにあります。

周波数帯の高い電波は、大量のデータを高速に運べるという特性を持っています。WiMAX2+が使用している電波は、「2.5GHz」の高周波数の帯域です。

 

しかし、そんなWiMAX2+にも弱点が存在します。

それは「WiMAX2+が使用している電波の周波数帯は干渉が起こりやすい」ということです。

電波は周波数帯が高くなればなるほど直進性が強くなるため、壁などの遮蔽物を迂回することが苦手です。

 

また「電波干渉」が起こりやすくなるため、様々なWiFiやBluetoothといった、他の電波が入り乱れて存在している場所では、本来想定されている品質の電波をルーターまで届けることが難しくなります。

 

反面周波数帯が低い電波は、通信速度が遅くなる代わりに、遮蔽物を迂回する力が強く、電波干渉を引き起こしにくいとう特性があります。

3大キャリア等が「プラチナバンド」といった呼称で使用している「800Mhz帯」などが底周波数帯の電波に当たります。

そういった電波特性を把握していれば、使用するロケーションを選ぶことで、不意の速度低下を簡単に避けることができます。

1-2.WiMAX2+のサービスエリアについて

IMG_0197

一時期はつながるエリアが狭いと言われていたWiMAX2+ですが、現在では屋外基地局の数も30,000局を突破しました。

実人口カバー率も99%以上を達成し、WiMAX2+の電波環境は、随分と改善してきている印象です。

ですが3大キャリアのLTE通信網に比べると、まだまだエリアに不安があるのも事実です。

 

契約をする前に必ず「Try WiMAX」を利用し、実際に自分が使用したい場所でのWiMAX2+の使い勝手を確認した方が良いでしょう。

Try WiMAXとはサービス提供元企業であるUQコミュニケーションズに申し込みをすることで、無料でWiMAX2+端末を借り流ことができるサービスです。

貸出期間は15日間もありますので、WiMAX2+がどの程度使える回線なのかをじっくり見極めることができます。

1-3.WiMAXの通信制限について

IMG_0222

WiMAX2+にもLTEのような通信制限が存在します。
といっても深刻な速度低下といったようなものではありません。

まず月間のデータ通信量による速度制限は皆無です。
毎月好きなだけ、インターネットに接続することができます。

現在WiMAX2+の速度制限は、「直近3日間で10GB以上を使用した場合」にのみ適用されています。
そして制限される期間も約1程度ですので、すぐに速度は復活します。

3日間で10GB以上の通信となると、よほどのヘビーユーザー以外はそうそう引っかからないと思われます。

また通信制限がかかった状態である1Mbpsという速度に関しても、YouTubeのような動画サイトの視聴が不可能になるほどのものではありませんので、非常に制限が「緩い」と言えるでしょう。
また実際にWiMAX2+を使用しているユーザーレビューを調べると、制限中に1Mbps以上の速度が出ているというユーザーも存在します。

WiMAX2+は一定の条件化で速度制限が実施されることはありますが、使用方法によってはさほど気にならない場合が多いかもしれません。

1-4.au回線も使える!?

IMG_0155

「1.WiMAXとは」でも触れましたが、WiMAX2+のサービス提供元会社であるUQコミュニケーションズ株式会社は、KDDI系列の通信事業者です。
そのためか、WiMAX2+の回線以外にauのLTE回線を使用することができる「ハイスピードプラスエリアモード」というサービスが存在します。

ハイスピードプラスエリアモードを使用するには、契約している端末がLTE通信に対応している必要があります。この機能を使用すればWiMAX2+の電波を掴みにくい場所でも、LTE通信でインターネットに接続できる場合があるということです。月間の通信容量上限がないWiMAX2+の唯一の死角である、電波特性をカバーすることができる素晴らしいオプションサービスと言えるでしょう。

しかしそんな便利なLTE回線にも、重大な落とし穴が2つあります。まず1つ目としてWiMAX2+とは違い、月間の通信容量上限が存在するということです。LTEの通信容量上限として設定されている、7GB/月の閾値を超える通信を行うと「WiMAX2+回線ごと」速度制限がかけられてしまいます。制限中の速度は最大128kbpsと非常に低速で、まともなインターネット接続は望めません。この速度制限は月末まで続きます。

2つ目にハイスピードプラスエリアモードをほんの少しでも使用した場合、通常の月額利用料に1,005円がプラスされてしまいます。以上のことから「ハイスピードプラスエリアモード」の使用には、十分注意する必要がありますが、緊急時にもエリアが広く、接続しやすいLTEサービスに対応していることは大変魅力的です。

1-5.WiMAXのプランについて

IMG_0217

これほどまでに至れり尽くせりな、WiMAX2+のプランについて記載します。現在WiMAX2+には、「UQ Flat ツープラス」と「UQ Flat ツープラスギガ放題」の2つのプランが存在します。基本的にどのプロバイダーと契約してもサービス内容は同じです。月額利用料に多少の違いはありますが、数百円程度の差しかないため、大きな違いはありません。

「UQ Flat ツープラスギガ放題」は月間データ量の上限がないプランまさにWiMAXというプランです。月額利用料も4,380円/月と、固定回線並みの通信速度を外に持ち出せる、というメリットを加味すると非常にリーズナブルです。

「UQ Flat ツープラス」は安い月額利用料が売りのプランですが、月間の通信容量上限が存在するプランですので、契約する場合は注意が必要です。通信容量上限は7GB/月となっており、通信容量上限が存在しないというWiMAX2+の利点を全く活かせていないプランと言わざるをえません。また安さが売りのプランといっても、3,696円/月と「UQ Flat ツープラスギガ放題」と比較して、1,000円も差がありません。

通信容量の面でも月額利用料の面でも、「UQ Flat ツープラス」を契約するメリットは薄いです。
※上記月額利用料はWiMAX提供元のUQコミュニケーションズ株式会社の利用料です。

シェアする

   (続きます)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら

→ドコモはこちら

→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう


1 2 3

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★★

特徴
  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり
デメリット
  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更評おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  • 頭金なしで余分な費用がかからない
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

au online shop

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない