b-mobileって何? メリットとデメリットを徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

b-mobile(ビーモバイル)は格安SIMを提供している会社MVNO(Mobile Virtual Network Operator)です。ドコモのFOMA回線をつかっています。音声通話のオプションもあり、通話にかかる料金も抑えることができます。SIMロックフリーの端末向けのSIMカードと番号ポータビリティでb-mobileへの移行ができます。b-mobileの紹介と競合する他社との位置付けなどについてお知らせします。

 

 

目次

1.通信システムの推移

2.b-mobileとは?

3.b-mobileの特徴

3-1. 月額課金商品

3-2.プリペイド商品

4.データ容量の多い格安SIMは?

5.通信速度の速いのは?

6.格安SIMメーカー

7.プリペイドSIMカード

8.まとめ

1. 通信システムの推移

よく「グローバル化」ということがマスコミや週刊誌などで見たり聞いたりします。国境を越えた世界的に共通の基準に合わせる、という意味で使われることが多いですね。各分野でグローバル化が進められています。通信事業の分野においてもPCやインターネット関連で特に際立っています。

 

携帯電話の日々進歩し、世界標準の通信規格も1Gから2G、3G、3G 、4Gへと進化しています。

             出典:2020年に向けたワイヤレス関連の戦略 総務省

 

1G(第一世代移動通信システム):アナログ方式の通信規格です。音声をデジタル変換せずアナログのまま送信する。

 

2G第二世代移動通信システム):デジタル通信方式。メールやインターネット接続が可能となる。

 

3G(第三世代移動通信システム)ITU(International Telecommunication Union:国際電気通信連合)のIMT-2000(International Mobile Telecommunication 2000)規格に従った高速デジタル通信システムのこと。W-CDMA方式とCDMA2000方式があります。動画サービスなどができるようになりスマートフォンやタブレット普及が加速しました。

W-CDMA方式はドコモとJ-Phone(ソフトバンク)が採用してCDMA2000方式はauが採用。3G-HSPA(High Speed Packet Access)はW-CDMAを高速化した通信規格。「HSDPA+」は隣り合った周波数を同時に使うことで更に通信速度を下り最大21Mbpsまでアップ。「DC-HSDPA」は「HSDA+」の下り21Mbpsを2本使うことで最大42Mbpsまで通信速度をアップ。

 

4G(第四世代移動通信システム):ITUのIMT-Advanced規格(3Gのバージョンアップ)に従った無線通信システムのこと。LTE(Long-Term Evolution)-AdvancedWiMAX2(WirelessMAN-Advanced)の2つの規格があります。高機能のiPhone5などモバイル端末が急速に広がりました。

LTE-Advanced規格を採用しているのはドコモが「Xi(クロッシィ)」、auは「au4GLTE」、ソフトバンクは「ソフトバンク4GLTE」の名称でサービスを提供しています。WiMax2(Wimax RELEASE 2.0)はIEEE802.16mのことでIEEE802.10eの後継規格です。IYUが定める規格です。

3G との違いは通信速度が数Mbps〜14Mbpsから75Mbps〜100Mbpsになります。エリアは3Gの100%に近い人口カバー率に及ばないものの急速にエリアを広げています。料金についてもパケット定額料では、3Gが4500円〜5500円/月、4Gが5000円〜6000円/月でその差は縮小しつつあります。

 

5G(第五世代移動通信システム):日本では2020年東京オリンピック・パラリンピックで10Gbps以上の通信速度を世界に先駆けて実現、を目指しオールジャパンでのプロジェクトを推進しています。

参考:5G・代5世代移動通信 世界に先駆け2020年東京オリンピックに向けて

 

周波数割当 下り最大通信速度
1G 800MHz帯 75Mbps
2G 1.5GHz帯 112.5Mbps
3G 1.7GHZ帯 150Mbps
2GHZ帯 112.5Mbp
4G 3~5G帯 100Mbps〜10Mbps
<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない