auへのMNP(乗り換え)で後悔しないための4つのこと


スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

auのiPhone7やAndroidへのMNP乗り換えを検討していて、「安くなるって聞いたけど、本当にMNPするべきだろうか」「MNPの手続きはどうやってやるのだろうか」と気になっていませんか。

結論から言うと、MNPでの乗り換えをすると、ほとんどの場合はデメリットを上回るメリットがあります。さらに、いくつかのポイントを守ると、知らない場合よりも最大4万円ほどお得にMNPすることができます。

この記事を読んでいただければ、auにMNPする全てのメリットとデメリット、さらにお得にMNPを実現する方法から、実際の手続き方法までわかります。

1. auにMNPする4つのメリットとさらに得するコツ

1-1. 機種代金が圧倒的に安くなる

MNPの大きなメリットとしては、購入する携帯の機種代金が圧倒的に安くなることがあげられます。iPhone6(16GB)など機種代金が0円になるケースもあり、そういったケースを「実質0円」と表現することがあります。

・iPhone7(32GB)の場合

iPhoneの場合、年間1〜2万円ほど安くなります。iPhone7 PlusやiPhone7(32GB、128GB)では0円にはなりませんが、それでも機種変更と比較して1〜2万円はお得です。

iPhone7(32GB) 実質負担金 1ヶ月あたりの料金
ドコモで機種変更する場合 26,568円 1,107円
ドコモで新規契約する場合 26,568円 1,107円
ドコモにMNPする場合 15,552円 648円

・Xperia XZ(Androidスマホ)の場合

Androidスマートフォンの場合は、「Xperia XZ」などドコモで機種変更した方がお得な場合があるので注意して下さい。

Xperia XZ 実質負担金 1ヶ月あたりの料金
ドコモで機種変更する場合 32,400円 1,350円
ドコモで新規契約する場合 26,568円 1,107円
ドコモにMNPする場合 15,552円 648円

Galaxy S6 edge SC-04G(Androidスマホ)の場合

その他の機種の場合は、MNPした方が1万円〜2万円安くなります。

Galaxy S6 edge SC-04G 実質負担金 1ヶ月あたりの料金
ドコモで機種変更する場合 79,704円 3,321円
auにMNPする場合 64,152円 2,673円

・さらに機種代金を下げるために

後述の「1-3. キャッシュバックがもらえる」で紹介するコツを使えば、さらに機種代金を安くすることができます。

1-2. 月額料金が安くなる

auには、MNPをしただけで月額料金から割引をしてくれるキャンペーンがあります。

具体的には、以下の2つのキャンペーンを合わせて、1万円〜3万円の割引が可能です。

1-2-1. auにかえる割Plus

iPhone 7、iPhone 7 PlusへのMNP乗り換えであれば、「auにかえる割Plus」という以下の特典を受けることができます。

・「カケホとデジラ」の場合(基本プラン+データ定額パック5G以上)

auWalletカードに10,000円割引

・「LTEプラン」の場合

月額基本料金2年間0円(934円×2年)

詳しくは、au公式ホームページ「auにかえる割Plus」をご覧ください。

1-2-2. 下取りプログラム(のりかえ)

iPhone 、スマートフォン、2つ折り携帯へのMNP乗り換えであれば、現在使っている機種を下取りし、その対象機種に応じて毎月の通信料金から1万円〜2万円ほど割引するキャンペーンです。

いま古い携帯を使っている方でも1万円以上割引を受け取れるのでかなりお得です。

詳しくは、au公式ホームページ「下取りプログラム(のりかえ)」をご覧ください。

1-3. キャッシュバックがもらえる

実は携帯販売には、「auショップ」や「au Online Shop」、「ヤマダ電機」などの家電量販店、「テルル」や「カメラのキタムラ」などの携帯ショップなど様々な方法があり、その販売方法によっては、機種代金と月額料金とは別に、その販売方法によってはキャッシュバックを受けることができます。

そして、どの方法を選ぶかによってキャッシュバックの金額は、最大3万円程度違ってくることがあります。

販売方法 キャッシュバック 特徴
携帯ショップ
(テルル、カメラのキタムラ etc)
5,000
〜30,000円
  • 2年縛りでなく、契約時に端末代金が無料になる「一括0円」の端末が多く存在する
  • デメリットとして、「有料オプション」という携帯代金とは別に月額課金のコンテンツを契約させられる場合がある
auショップ 0
〜10,000円
  •  販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックに関しては、出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い
au公式オンラインショップ 0
〜10,000円
  • 販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックに関しては、出ない場合が多い
  • オンライン上で予約できるため、当日ストレスが少なく受け取れる
家電量販店
(ヤマダ電機etc)
 5,000〜20,000円
  •  現金ではなく、ポイントで還元される場合がある

auの場合は、Twitterから一番キャッシュバックがもらえるお店を選ぶのがおすすめです。詳しい方法については、「MNPで最高のキャッシュバックをもらうコツ全て教えます!」にまとめたので、ご参考にして下さい。

1-4. 電話番号を変更する必要がない

今使っている電話番号を乗り換えた後も、そのまま利用することができるので、

  • 携帯電話番号が変わったことを友人に連絡する必要がない
  • LINEなど電話番号と連動しているサービスでも継続して利用できる

というように面倒な手間はありません。

2. MNPにおける5つの注意点と解決策

2-1. 解約金・手数料がかかる

MNPには、下図のように3種類の費用がかかります。ただし、それ以上に機種代金や月額料金の割引を受けることができるので、気にする金額ではないでしょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない